どんな時に二重まぶたの化粧品が必要か

MENU

どんな時に二重まぶたの化粧品が必要か

 

一重まぶたというのは、よくいうと落ち着いて日本人らしい顔立ちと言えます。目の形にもよりますがクールな印象です。男の目には糸を張れ、女の目には鈴つけよというニュアンスの言葉もあります。

 

目が大きいという事は感情が出て仕事の時には向かないと思われていました。女性は愛嬌があった方がいいので二重まぶたの方がいいということです。でも、今は目が大きい方がいいという考えが強いので二重まぶたの化粧品が流行るのです。

 

二重まぶたで大きな目に見せた方がいい時は、接待や恋愛の場面です。女性は華が必要なのでレセプションの時は、二重まぶたの化粧品がいいでしょう。

 

また目が大きいという事は、相手に関心があるということです。デートのときアイプチやアイテープを使いたいという方も多いでしょう。いきなりですと、失敗してしまいますので。少しは練習しておくといいですよ。

 

逆に目元のインパクトが強いことで、誘っているという方もいますので無闇に大きな目で異性を見ない方がいいです。

 

現実にはっきりとした視線の持ち主で良かったと思うのは変質者に会った時でしょうか。しつこい勧誘などはきっ、っとにらんだだけで逃げてくれます。

 

ただ、二重まぶたにして日本人に見えないようになった場合、パスポートの提示が求められる、薬を飲んでいただけで職務質問されるということも生じます。危険ドラッグと間違えられた模様です。特に色黒の方はこういった受難に会いますのではっきりさせない方がいいこともあります。

 

関連ページ

二重と一重どっちがいいか?
一重まぶたがコンプレックスで、二重まぶたに化粧品でしたいという方も多いかと思います。
二重まぶたを化粧品で作る
一重まぶたがどうしても嫌という方は結構多いものです。特に思春期の方はそう思うようです。
二重まぶた化粧品のバリエーション
二重まぶた化粧品のバリエーションを説明します。
一重と二重は何故違う
二重まぶたの化粧品は、基本はまぶたの開閉に関わる部位を折って保定することで、一重まぶたを二重にするものです。
二重まぶた化粧品の入手元
二重まぶた化粧品の入手元を説明します。