一重と二重は何故違う

MENU

一重と二重は何故違う

二重まぶたの化粧品は、基本はまぶたの開閉に関わる部位を折って保定することで、一重まぶたを二重にするものです。

 

まぶたは眼球を守るための自動開閉式の蓋のようなものです。瞼板という少し硬い組織と眼球周辺の組織がくっついて、開閉します。この筋肉とくっつく部位が2つになった状態が、二重まぶたです。ちょっと認識しにくいですね。

 

お手許に紙はありますか。そこに縦に1本線を引きます。で、そのまま、手でぐにゃっと曲げてみてください。たわみますよね。そして次に2回折ってみましょう。開閉によって縦線の長さが変化します。

 

前者は一重、後者は二重まぶたと考えておいてください。二重まぶたの人はこの蛇腹のように瞼板が引っ込むのです。二重まぶたの化粧品はこの折込を人為的にするとも言えます。

 

あとは、まぶたの厚みですね。奥二重や二重の人でも泣いて腫れますと一重に近い状態になります。これは充血してむくんだ状態です。ですが、一重まぶたと二重まぶたの通常の状態の場合皮下脂肪が厚い方が一重まぶたに、薄い場合は二重まぶたになるという説もあります。

 

ただ、まぶたを痩せさせるのは至難の業です。まあ、理論上は高速で開閉していけば周囲の筋肉の結合が強くなって皮下脂肪が減っていきますが、そんなにずっと瞬きしていますと日常生活に支障が出ますので、大人しく二重まぶたにするための化粧品を使いましょう。

 

あとはむくみをツボ押し等で解消することで奥二重の方は目の印象が強くなることもあります。

関連ページ

二重と一重どっちがいいか?
一重まぶたがコンプレックスで、二重まぶたに化粧品でしたいという方も多いかと思います。
二重まぶたを化粧品で作る
一重まぶたがどうしても嫌という方は結構多いものです。特に思春期の方はそう思うようです。
二重まぶた化粧品のバリエーション
二重まぶた化粧品のバリエーションを説明します。
どんな時に二重まぶたの化粧品が必要か
どんな時に二重まぶたの化粧品が必要か説明します。
二重まぶた化粧品の入手元
二重まぶた化粧品の入手元を説明します。