二重と一重どっちがいいか?

MENU

二重と一重どっちがいいか

一重まぶたがコンプレックスで、二重まぶたに化粧品でしたいという方も多いかと思います。現実に1976年大橋正夫という方が、外見の印象について心理学の見地で外観の印象について研究しています。まつ毛が長く、目が大きいということは分別や積極性があるという印象になります。

 

ただ、あくまで印象です。どうしても二重まぶたの方が、見た目は目が大きく見えます。でも、目が大きくて丸いということで愛らしい印象と言うのは裏を返しますと幼く見えてしまうということです。ビジネスの場では若干不利です。

 

確かに人間の印象は、外観で決まります。筆者は小柄で、目鼻立ちがはっきりしています。髪も遺伝の癖が強いので、日本人ではないと思われます。姉も目が丸くて愛らしい印象ですが、高校の入学式で「中学生の入学式はあっちよ」と言われていました。

 

因みにあまりしっかりとした二重まぶたはアイシャドウ等の化粧品を少し濃くしてしまいますとあっという間に派手になってしまいます。二重まぶたは一重まぶたのように直す化粧品がほとんどないのです。あと、浴衣もその方の容姿によっては似あいません。

 

いつも紺、黒、白で愛らしいものは箪笥のこやしです。ああいうものは弥生顔と言いますか、一重ですっきりした印象の方が着た方が素敵なのです。いい意味で大人顔なんですね。背の高い方はパンツスーツがよくお似合いなのです。

 

結局はどういう自分でいたいかと言うことが、二重まぶた化粧品が有効かどうかの判断基準です。

関連ページ

二重まぶたを化粧品で作る
一重まぶたがどうしても嫌という方は結構多いものです。特に思春期の方はそう思うようです。
二重まぶた化粧品のバリエーション
二重まぶた化粧品のバリエーションを説明します。
どんな時に二重まぶたの化粧品が必要か
どんな時に二重まぶたの化粧品が必要か説明します。
一重と二重は何故違う
二重まぶたの化粧品は、基本はまぶたの開閉に関わる部位を折って保定することで、一重まぶたを二重にするものです。
二重まぶた化粧品の入手元
二重まぶた化粧品の入手元を説明します。