シャドウも有効活用する

MENU

シャドウも有効活用する

二重まぶたを強調するために欠かせないのがアイシャドウと言う化粧品です。

 

ただ、一重の時と違って、二重まぶたに化粧品を使ってした場合、目をつぶった時に二重部分にアイシャドウの線がくっきり出ます。自分で目をつぶった時の姿は見えないのです。アイライナーも普通に引いたはずなのに、よれているということも多いです。片目で見ても下手な方はバレバレです。

 

人によりますが、あまりはっきりしたものよりグラデーションのパレットが扱いやすいです。少しぼかしてしまえばよれても気になりません。

 

肝心なのは色合いです。何とか可愛くしようとしてピンク等使う方も多いですがお肌の色が黒っぽい方はあまり、似合いません。少しピンクっぽいラベンダーなどの方が扱いやすいかと思います。

 

筆者は、公の場に出ることも多いので普段はライラックや紺、グリーン等を使っています。すっと切れ長にするために少し目じりに細く蘇芳と言う赤を入れておきます。その上から細く紺等で線を入れ、目元に少しだけパールやラメ等の粉を刷いています。

 

まあ、ばっちり塗ってしまうこともありますが、司会進行役等の場合は自分がメインではないので、控えつつ目線で注意を促すという方がマナーとしてはいいのです。あまり可愛い印象にしますと軽く見えますので。

 

逆にデートの時などはベージュに少しピンクが入ったものなどが愛らしさも出ます。つけまつげして二重まぶたに化粧品でしてチークばっちりでは不自然なのです。

関連ページ

二重まぶた用化粧品以外で役に立つものは
二重まぶた用化粧品以外で役に立つものを説明します。
カラコンで明るい印象に
二重まぶたの化粧品そのほかのメイク用品を使うときには、カラーコンタクトをお勧めします。
つけまつげとホットカーラー
二重まぶたの化粧品で二重になりたいという方はつけまつげやホットカーラーも使ってみましょう。
大事なのはトータルバランス
ファッションによって二重とのバランスを考えるのも大事です。
TPOも考えて
どのような二重まぶたの化粧品でも、物には場と言うものがあります。